カテゴリー
未分類

論語 学而第一(001~016)

学而第一

1 子曰學而時習之章 001(01-01)


子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。

いわく、まなびてときこれならう。よろこばしからずや。ともり、遠方えんぽうよりたる。たのしからずや。ひとらずしていきどおらず、くんならずや。

先生 ――「ならってはおさらいするのは、たのしいことだね。なかまが遠くからくるのは、うれしいことだね。知られなくても平気なのは、りっぱな人じゃないか。」(魚返善雄『論語新訳』)

2 有子曰其爲人也孝弟章 002(01-02)

有子曰。其爲人也孝弟。而好犯上者。鮮矣。不好犯上。而好作亂者。未之有也。君子務本。本立而道生。孝弟也者。其爲仁之本與。

有子ゆうしいわく、ひとりや孝弟こうていにして、かみおかすをこのものすくなし。かみおかすことをこのまずして、らんすをこのものいまらざるなり。くんもとつとむ。もとちてみちしょうず。孝弟こうていなるものは、じんもとるか。

有先生 ――「人がらがすなおなのに、目上にさからうものは、まずない。目上にさからわないのに、むほんをするものは、あったためしがない。土台がだいじだ。土台あっての道だ。すなおということが、人の道のはじまりだな。」(魚返善雄『論語新訳』)

3 子曰巧言令色章 003(01-03)

子曰。巧言令色。鮮矣仁。

いわく、巧言こうげんれいしょくすくなじん

先生 ――「おせじや見せかけに、ろくなものはない。」(魚返善雄『論語新訳』)

4 曾子曰吾日三省吾身章 004(01-04)

曾子曰。吾日三省吾身。爲人謀而不忠乎。與朋友交而不信乎。傳不習乎。

そういわく、われたびかえりみる。ひとためはかりてちゅうならざるか。朋友ほうゆうまじわりてしんならざるか。ならわざるをつたうるか。

曽(ソウ)先生 ――「毎日ふりかえることが三つ。人にまごころをつくしたか。友だちにすまないことはないか。教えは身についているか。」(魚返善雄『論語新訳』)

5 子曰道千乘之國章 005(01-05)

子曰。道千乘之國。敬事而信。節用而愛人。使民以時。

いわく、せんじょうくにおさむるには、ことつつしみてしんあり、ようせっしてひとあいし、たみ使つかうにときもってす。

先生 ――「大きなかまえの国ほど、まともな政治をし、つましくなさけぶかく、人はひまひまに使うこと。」(魚返善雄『論語新訳』)

6 子曰弟子入則孝章 006(01-06)

子曰。弟子入則孝。出則弟。謹而信。汎愛衆而親仁。行有餘力。則以學文。

いわく、弟子ていしりてはすなわこうでてはすなわていつつしみてしんあり、ひろしゅうあいしてじんしたしみ、おこないて余力よりょくらば、すなわもっぶんまなべ。

先生 ――「若い人は、うちではすなお、そとでもおとなしく、よく気をくばり、みんなにやさしくして道をまなぶこと。そのうえひまがあれば、学問にふりむける。」(魚返善雄『論語新訳』)

7 子夏曰賢賢易色章 007(01-07)

子夏曰。賢賢易色。事父母能竭其力。事君能致其身。與朋友交。言而有信。雖曰未學。吾必謂之學矣。

子夏しかいわく、けんけんとしていろえ、父母ふぼつかえてはちからつくし、きみつかえていたし、朋友ほうゆうまじわり、いてしんらば、いままなばずとうといえども、われかならこれまなびたりとわん。

子夏 ―― 「色よりはチエを買い、親のためには苦労をいとわず、国にはすすんで身をささげ、友だちづきあいに、ウソをつかなければ、無学な人でも、学問があるというわけさ。」(魚返善雄『論語新訳』)

(*) 子夏 … 姓は卜、名は商、字は子夏。孔子より44歳年少。孔門十哲のひとり。

8 子曰君子不重則不威章 008(01-08)

子曰。君子不重則不威。學則不固。主忠信。無友不如己者。過則勿憚改。

いわく、くんおもからざればすなわあらず。まなべばすなわならず。ちゅうしんしゅとし、おのれかざるものともとすることかれ。あやまちてはすなわあらたむるにはばかることかれ。

先生 ――「上の人は軽いと押しがきかぬし、学問も練れない。まごころを第一とし、つまらぬ人とつきあわぬこと。あやまちはアッサリあらためよ。」(魚返善雄『論語新訳』)

9 曾子曰愼終追遠章 009(01-09)

曾子曰。愼終追遠。民徳歸厚矣。

そういわく、わりをつつしみ、とおきをえば、たみとくあつきにせん。

曽先生 ――「とむらい供養のしかたで、気風がずっとよくなるものだ。」(魚返善雄『論語新訳』)

曾子 … 姓は曾、名は参、字は子輿。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。

10 子禽問於子貢章 010(01-10)

子禽問於子貢曰。夫子至於是邦也。必聞其政。求之與。抑與之與。子貢曰。夫子温良恭儉譲以得之。夫子之求之也。其諸異乎人之求之與。

きんこういていわく、ふうくにいたるや、かならまつりごとく。これもとめたるか、そもそもこれあたえたるか。こういわく、ふうおんりょうきょうけんじょうもっこれたり。ふうこれもとむるや、ひとこれもとむるとことなるか。

子禽(キン)が子貢にたずねる、「うちの先生はどこの国にいっても、きっと政治にかかりあうが…。たのむのかな、それともたのまれるのかな。」子貢 ―― 「先生はオットリとへりくだっていてそうなるんだ。先生のやりかたはだね、こりゃどうも人のやりくちとはちがってるね。」(魚返善雄『論語新訳』)

(*)子禽 … 姓は陳、名は亢。子禽は字。孔子より40歳年少の門人といわれているが、孔子の直弟子ではなく、子貢の弟子と思われる。
子貢 … 姓は端木、名は賜。子貢は字。孔子より31歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。

11 子曰父在觀其志章 011(01-11)

子曰。父在觀其志。父沒觀其行。三年無改於父之道。可謂孝矣。

いわく、ちちいませばこころざしちちぼっすればおこないる。三年さんねんちちみちあらたむることきは、こううべし。

先生 ――「ふだん父の気もちをくみ、死んだらやりくちを思い、三年そのしきたりを変えないのは、親孝行といえる。」(魚返善雄『論語新訳』)

12 有子曰禮之用和爲貴章 012(01-12)

有子曰。禮之用。和爲貴。先王之道斯爲美。小大由之。有所不行。知和而和。不以禮節之。亦不可行也。

有子ゆうしいわく、れいようたっとしとす。先王せんおうみちこれす。しょうだいこれるも、おこなわれざるところり。りてするも、れいもっこれせっせざれば、おこなうべからざるなり。

有先生 ――「きまりにも、なごやかさがだいじ。昔のお手本も、ここがかなめだ。万事がそうなっている。だが例外もある。なごやかにするだけで、しめくくりがないのも、うまくいかないものだ。」(魚返善雄『論語新訳』)

(*)有子 … 孔子の門弟。姓は有、名は若、字は子有。

13 有子曰信近於義章 013(01-13)

有子曰。信近於義。言可復也。恭近於禮。遠恥辱也。因不失其親。亦可宗也。

有子ゆうしいわく、しんちかければ、げんむべきなり。きょうれいちかければ、恥辱ちじょくとおざかる。ることしんを失わざれば、たっとぶべきなり。

有先生 ――「取りきめも、すじがとおっておれば、はたす見こみがある。へりくだりも、しめくくりがあれば、見っともなくない。たよるのも、相手をまちがえねば、たのみがいがある。」(魚返善雄『論語新訳』)

14 子曰君子食無求飽章 014(01-14)

子曰。君子食無求飽。居無求安。敏於事而愼於言。就有道而正焉。可謂好學也已。

いわく、くんしょくくことをもとむるく、きょやすきをもとむるし。ことびんにしてげんつつしみ、有道ゆうどういてただす。がくこのむとうべきのみ。

先生 ――「人間は、たべものにもこらず、よい家にも住まず、しごとは手ばやくて口をつつしみ、人格者を見ならうことだ。それでこそ学問ずきといえる。」(魚返善雄『論語新訳』)

15 子貢曰貧而無諂章 015(01-15)

子貢曰。貧而無諂。富而無驕。何如。子曰。可也。未若貧而樂。富而好禮者也。子貢曰。詩云。如切如磋。如琢如磨。其斯之謂與。子曰。賜也。始可與言詩已矣。告諸往而知來者也。

こういわく、まずしくしてへつらうことく、みておごることきは、何如いかんいわく、なり。いままずしくしてたのしみ、みてれいこのものかざるなり。こういわく、う、「せっするがごとく、するがごとく、たくするがごとく、するがごとし」と。これうか。いわく、や、はじめてともうべきのみ。これおうげて、らいものなり。

子貢 ―― 「こまってもこびず、もうけてもいばらないのは、どうです…。」先生 ――「よろしい。だがこまっても苦にせず、もうけてもしまりのあるのがましだ。」子貢 ―― 「うたに、『切ってはこすり、ほってはみがく、』とあるのがそのことですか…。」先生 ――「賜くんとだけは、うたのはなしができるわい。かれは打てばすぐひびくやつじゃ。」(魚返善雄『論語新訳』)

16 子曰不患人之不己知也章 016(01-16)

子し曰いわく、人ひとの己おのれを知しらざるを患うれえず、人ひとを知しらざるを患うれうるなり。
いわく、ひとおのれらざるをうれえず、ひとらざるをうれうるなり。

先生 ――「人に知られなくてもこまらぬが、人を知らないのはこまる。」(魚返善雄『論語新訳』)

カテゴリー
未分類

終戦75年

憲法改正反対。ならば、北朝鮮の拉致犯罪に無力な日本は国民を守っているといえるのか。自衛権行使ができないのに。

今年は2020年。終戦75年。
これを太平洋戦争と言うか第2次世界大戦と言うか大東亜戦争と言うかは人それぞれだと思います。
ただ、「大東亜戦争」という言葉は戦後はGHQによって「戦時用語」として使用が禁止され、1960年頃から一種のタブー扱いとされメディアでの使用は控えられているようです。
戦時中、日本人は「大東亜戦争」と呼びました。何故、「大東亜=東アジア」なのか。「東アジアを白人の植民地支配から解放するための戦い」が日本の言い分でした。

1900年初頭、東アジアで独立国は清(中国)、タイ、日本の3国だけだったようです。

インド、スリランカ、香港、マレーシア、ミャンマー(ビルマ)、ココス諸島、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、シンガポール、モルディブ、オーストラリア、ニュージーランド(以上、イギリス領)、インドネシア(以上、オランダ領)、ベトナム、カンボジア、ラオス(以上、フランス領)、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、キルギス(以上、ロシア領)、フィリピン(スペイン領(1565年-1898年)、アメリカ領(1898年-1946年))、モンゴル(清(中国)領、1924年独立)、マカオ、東ティモール(以上、ポルトガル領)、パラオ、マリアナ諸島(以上、スペイン領(1885年-1899年)ドイツ領(1899年-1914年)、日本領(1914年-1945年)パリ講和会議)、台湾(日本領(1895年-1945年)下関条約(日清戦争))、韓国(日本領(1910年-1945年))、満州(清(中国)領(1689年-1932年)、日本領(1932年-1945年))。

最近、大東亜戦争を調べていくうちに西尾幹二さんにたどり着きました。

YouTube( https://www.youtube.com/watch?v=-jCxBRxrxUQ )を観て驚きました。

西尾幹二さんが、今から25年前、終戦50年後にテレビ番組(朝まで生テレビ)で語られました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あのードイツの話がさっきから出ているのでちょっとついでに申し上げますけどもね。
 ドイツは50年前の話はもう忘れてあるいは許されてと言うけれども、おそらくドイツは1,000年許されないであろうと私は思いますね。つまりドイツのやったことというのは日本のやったことと根本的に違う。一つの民族を地上から抹殺するために600万~700万の人間をですね、強制収容所に入れてガス室で殺したというその犯罪はですね、恐らく。そりゃスターリンが似たようなことをやっているかもしれないけれど、恐らく、全くですね、日本の軍国主義なんかと比肩できるような問題じゃないんですね。
 そこでですね、日韓という関係でよく言われるのはドイツとポーランドの関係なんです。皆さんはドイツのやった犯罪についてユダヤ人とかジプシーのことばかり考えているかもしれないけど、ドイツのやったポーランドに対する犯罪というのは凄まじくてですね。ドイツ人はポーランドの占領時代に、小学校4年生以上の教育は許さないと、500まで数えられて自分の名前が書ければ良いと。あとはドイツ人に従順な奴隷を作る為に高等教育を受けた者は粛清されるべきだと言って、実際に占領地時代に100万人の指導階級が虐殺されているんですよ。100万人ですよ。
 そしてその例えば学校の教師とか弁護士とかって言うのは軒並みに理由もなく連れ去られて虐殺されているんですね。そうしてですね、そのようなことをやったポーランドとドイツの関係は複雑ですけれども、そのポーランドですらも露助よりはいいと言っているんです。ドイツには文化があるからと、ロシア人よりはまだ良いと。ドイツには文化があるからと。それが世界の歴史の凄まじい現実なんですよ。
 そこで比較で申し上げますよ。小学校4年生以上に教育は与えないと言ったドイツと。日本が朝鮮民族の絶滅を考えたことが一度でもありますか?夢に見たことさえ無いでしょう、そんなこと。それどころか、日本人になってくれと言ったんじゃありませんか?いいですか、小学校4年生どころか、京城には京城帝国大学を作ったんですよ。京城帝国大学は大阪帝国大学よりも前に作っているんですよ。その台北にも帝国大学を作りましたが。そしてそれはどうしたことかを意味したかというと、日本の優越感だったでしょう。高等教育を与えてやっているんだぞという類の優越感があったことは間違いありません。
 しかしそれがその後に韓国に切り拓かれた近代化の道に何にも役に立たなかったなんてことは絶対に有り得ない筈です。それを素直に認めなければ、日韓関係は正常なものには私はならないだろうと思います。
 すなわち、よく本人が韓国のよく時々変なことを言う人がいるんですよね。ユダヤ人に対して十分な償いをしたドイツ人の100万分の一も日本人は韓国にやっていないと。それはやったことが違うんですから。
 恐らくその例えばエコノミストというのは7月に日本人がもう外国からとやかく言われるのは時代の終わりだと。50年前の歴史は政治家が議論すべき問題ではなくて、歴史家にゆだねるべきだというような発言が英米から出ております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひっくり返りました。

私は、これを観るまで護憲派でした。
戦争を経験された方が、「アメリカが悪い、日本が悪いではない。戦争が悪いんだ」と仰るたびに、憲法9条は守るべきだと考えてきました。ただ、北朝鮮の拉致問題を考えるにつけ、武力行使すべきなのに、憲法9条があるからどうにもならない。国際法上の権利である「自衛権」でもできません。

さて憲法9条条文です。
「第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
第2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

西尾幹二さんは別のところで「憲法9条第2項を削除すべき」と仰っています。私は同意します。

カテゴリー
未分類

Python3入門 (構文)

Hello world!
Hello world! を出力します。
print("Hello world!")

文・式
改行が文の区切りです。
PerlやPHPの様にセミコロン(;)で区切ることもできます。
a = 1; b = 2; c = a + b
print c

文を数行に分けて記述したい場合は、行末にバックスラッシュ(\)を書きます。
total = 123 \
      + 456 \
      + 789

かっこ((), [], {})の中のカンマ(,)の後ろはバックスラッシュ(\)を省略することができます。
week = [ '日', '月', '火', 
         '水', '木', '金',
         '土' ]

コメント
ハッシュ(#)から行末まではコメントです。
ただし、バックスラッシュによる継続行の箇所にはコメントを記述することができません。カンマ(,)による継続行にはコメントを記述することができます。

インデント
PerlやPHPでは文を {} で囲むことでブロック(複文)を構成しますが、Pythonではインデント(行頭の空白文字の数)が重要な意味を持ち、同じ数の空白でインデントされた文がブロックとみなされます。
インデントには通常、4個の空白文字を使用します。タブ文字は、インデントが8の倍数になるように1~8個の空白文字とみなされます。

カテゴリー
未分類

叶和

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。